検査

当院で行っている検査について説明します。


1.問診

○受付で記入していただいた問診票を元に、治療に必要な様々なことをお伺いします。
  何処が、どんな風に、何時から痛いのか、そういったことをお伺いします。
  また、治療についての要望や疑問点などがありましたら、遠慮なく迎しゃってください。
  可能な限り、お答えいたします。

○お口の症状のほかに、今まで罹った病気やアレルギーをお伺いします。
  当院では、生活習慣や全身の健康状態が口に与える影響を重視しています。
  歯は口の一部で、口は身体の一部に過ぎません。
  虫歯や歯周病は、慢性病変です。入歯は、毎日使っています。
  日々の疲れや生活習慣が、全身の健康状態を悪化させていきます。
  その無理がお口に悪影響及ぼしているケースが多いのではないかと考えております。
  忙しく十分な睡眠が取れない。重たい荷物を運んだ。風邪をひいたetc.etc.
  こういったことは、お口の中を見ているだけでは分りません。
  問診票を元に、こういうことも含めてお尋ねいたします。

  ご理解頂けると嬉しく思います。


2.口腔内診査

○お口の中を拝見し、お口の状態や何処に問題があるか確認します。
  虫歯の数、詰めている物の状態を確認します。
  歯の色、歯肉の色、形、こういったレントゲンに写らない情報を確認します。

 


3.触診

○リンパ節の状態、顎の筋肉の緊張状態を確認します。
  炎症がどの程度進行しているかを確認します。
 

 

4.X線検査

 ○歯科では、通常2種類のX線撮影を行います。


 

○顎全体を撮るオルソパントマと数本の歯を撮影するデンタルです。
  X線撮影は、3次元のものを2次元にしているため、歪みが生まれます。
  2種類の異なる撮影法をすることで、その歪みを補っています。



 ○妊婦さんなど、X線撮影に不安がある場合は、撮影をしないこともあります。 
  ご不安な方は、お申し出ください。






 <Appendix> X線検査の危険性について


5.歯周検査

○ある一定の年齢になると、歯と歯茎の間に、歯周ポケットが形成されます。
  歯周ポケット深くなると、歯周病が進みます。
  歯周ポケットの深さを測り、歯周病の状態を把握します。


○歯周ポケットに、ポケットプローブを差込み、深さを測ります。
 ポケットプローブは、先端から目盛が刻まれています。




○図に示すように歯周ポケットにポケットプローブを差し入れ、深さを測ります。
 同時に歯のゆれ具合、出血の有無などを確認します。
 検査そのものは、僅かに刺激があるくらいで、特に痛くありません。





○歯周検査の値の目安は、以下の通りです。

 0~2mm 正常です。
 3~4mm 腫れています。歯磨きの時に出血することがあります。
 5mm以上 歯がグラグラする。しみるなどの症状が出ます。

 4mm以上の歯周ポケットがある歯があると、歯周病が進行していると判断されます。

○では、2mm以下なら問題ないかというと、そうではありません。

  左の図の歯周検査の値は、両方とも2mmです。
  ですが、歯を支えている骨の量が、違うのが明らかです。
  これは歯周検査だけでは、判断できません。

  このため、必要に応じて、X線検査、スタディモデル、口腔内写真などの検査と組み合わせることで、お口の状況を総合的に判断します。


<Appendix> 歯周ポケットは、何故できるか


6.スタディモデル

○歯形をとり、石膏をついで、模型(モデル)を作ります。
  お口のコピーを作るわけです。
  このコピーを研究(スタディ)するので、スタディモデルとなります。
  見ることができない舌側からの眺めや、噛みあわせを確認できます。


 X線検査や歯周検査と組み合わせることで、より具体的なお口の状態を知ることができます。


7.口腔内写真

○X線検査やスタディモデルでは、形はわかっても色はわかりません。
  写真があれば、歯や歯茎の色、腫れ具合を記録できます。

○治療が進み、歯茎の状態が変化したとき、写真があるとより安心して診断できます。

 



※ 全ての患者さんに、上記の全ての検査をやるわけではありません。
   検査は必要最小限のものをするように心がけております。
   その点は、予めご了承ください。


治療の流れへ> <治療案内へ戻る> <歯石除去へ