歯石除去

当院で行っている歯石除去について説明します。


1.歯石とは何か

○歯石とは、リン酸カルシウムを主成分とした歯や歯周組織の沈着物のことです。
  原因は諸説ありますが、食べかすに唾液中のリン酸カルシウムが沈着したという説が、有力です。
  歯石自体は無害ですが、歯石は細菌の住処となります。
  イメージ的には、海の中の珊瑚礁を考えてください。
  珊瑚礁に多くの魚が住んでいるように、歯石に大量の細菌が繁殖するのです。


 ○繁殖した細菌は、毒素を産出し、歯周組織の状態を悪化させます。
  歯肉が充血し、腫れてきます。
  このまま放置しますと、歯周病が進行します。







  また、煙草やお茶をよく飲むと、煙草のヤニや茶渋が、歯石に沈着していきます。
  上の写真の茶色に変色している部位が、ヤニや茶渋が着いたところです。
  歯石が沈着した部位を図にすると、下のようになります。

 

○歯石が沈着して細菌が繁殖すると、上の図のように歯肉の状態が悪化していきます。
  このまま放置しておくと、歯周病が進行していきます。

  歯石は、歯ブラシなどでは取り除けません。
  専用の道具を使わないといけません。
  放置しておくと、ドンドン大きくなります。
  このため、定期的に歯石を取り除かねばいけません。


2.歯石除去の目的

○歯石除去の目的は、歯石を取り除き細菌の数を減らして、歯周組織の改善を図ることです。

  実は、口腔内には何百億という数の細菌が生息しています。これは口腔常在菌といいます。
  人間に限らず、生物は様々な細菌と共生関係にあります。
  共生関係ですから、宿主にも細菌にもメリットがあります。
  口腔内常在菌は、免疫の一部を担い、外部からの細菌の進入を防いでいます。
  言うならば身体を守るための外人部隊のような存在です。

  ところが、歯周病を悪化させる歯周病菌は、この口腔常在菌の一種です。
  口腔常在菌のうち特定の細菌だけが大繁殖してしまうと、口腔内の環境が悪化していきます。
  外人部隊が裏切って、クーデターを起こしたわけです。

  何ゆえ歯周病菌が繁殖するかというと、住みやすい環境が生まれるからです。
  具体的には、沈着した歯石が歯周病菌の温床になるからです。
  歯周病菌が繁殖すると、産出した毒素が歯肉を悪化させていきます。
  口腔環境が悪化するため、虫歯や口臭の原因になります。

  この状態を放置していると、ドンドン歯周病が進行していきます。

  歯周病菌の繁殖を抑えるには、その温床である歯石を除去するのが一番の早道なのです。

 ○歯石除去による検査

  歯石除去を行うもう一つの目的に、歯の状態を観察し、虫歯を見つけることがあります。
  歯石をはがしてみると、その下から虫歯が見つかることがよくあります。
  特に歯ぐきの近くにある初期虫歯は、X線では見つけるのは困難です。。
  歯が茶色いのは虫歯なのか、歯石なのか。歯石を取り除かないと判断がつきません。

  お口の中の状態を把握するために、早めに歯石の除去を行うよう心がけています。


3.歯石除去の道具

○当院では、歯石除去は下の写真に示す2種類の道具を使って除去していきます。

  ハンドスケーラー:小さな刃物です。手を使って、歯石をそぎ落とします。
  超音波スケーラー:水と振動で、歯石を落とします。

  どちらも一長一短があり、状態によって使い分けております。
 


 ○超音波スケーラーは高音を発するため、苦手な方がいらっしゃいます。
  超音波スケーラーが駄目な場合には、その旨おっしゃってください。

 その場合は、ハンドスケーラーのみで歯石除去を行います。

4.歯石除去による歯肉の改善

○上記のスケーラーを用いて歯石を丁寧に取り除いていきます。
  ですが、1度に全ての歯石を取り除けません。
  何故かと言うと、歯肉が腫れていて、歯石がよく見えないからです。
  また、腫れた歯肉を触ると、出血することが多く、余計に見え難くなります。

  このため、何回かに分けて、歯石を除去していきます。


 

○図のように、歯石を取ると、細菌の住処が減ります。
  住処が無くなったため、細菌も減っていきます。
  細菌が出す毒素が減るため、歯肉の炎症が治まり、歯肉の腫脹も縮小していきます。
  このため、腫れていた歯肉で隠れていた歯石が見えるようになります。

  これを何回か繰り返さないと、歯石は完全に除去できません。


 ○完全に歯石除去をするためには、3回前後の通院が必要です。
  無論、歯石の沈着具合などによって、回数が増えることも減ることもあります。
  その点は、ご了承ください。


5.ポリッシング

○歯石を除去した歯面には、凹凸があります。
  この凹凸をそのまま放置しておくと、再び歯垢や歯石が沈着する原因になります。
  虫歯の原因にもなります。
  このため、ポリッシングとよばれる処置を行い、凹凸を減らしツルツルにします。


 ○ポリッシュとは磨くという意味です。
  専用の器具と研磨剤を用い、歯を磨いて凹凸を減らし、つやを出します。
  床磨きの機械でワックスを掛けている姿をイメージしてもらえると、わかりやすいと思います。

  ポリッシングを行うと、歯がツルツルしてきます。舌で触ると感触が違います。
  この状態になりますと、歯垢や歯石は着きにくくなります。



6.再検査

○全体的な歯石除去を行い、歯石を取りきりましたら、再度歯周検査を行います。
  必要に応じて、X線写真撮影、口腔内写真撮影を行い、スタディモデルを採取します。

  結果を元に歯ぐきの状態を診断し、今後の治療方針を決定します。


7.定期的な歯石除去

○歯石除去を行い、ポリッシングをすれば歯はツルツルになります。
  歯ぐきの腫脹もなくなります。
  ですが、永遠にというわけにはいきません。

  我々は毎日ご飯を食べます。そのたびに食べかすが出ます。
  食べかすを食べて細菌が増え、歯垢が生まれます。
  そこへ唾液中のリン酸カルシウムが沈着して、歯石を形成していきます。

  つまり、数ヶ月で元に戻ってしまいます。
  そして、沈着した歯石は歯ブラシではとれません。
  逆を言えば定期的にお掃除をすれば、歯はいつもツルツルの状態でいられます。

  いつも綺麗な歯でいるためには、定期的に歯医者へ通って、歯石をとってください。

  健康な生活を送っている人でしたら、3ヶ月から半年毎に歯石を取れば問題ありません。

  ただし、ヘビースモーカーのように常にお口を汚す習慣のある方が、いつも白い歯でいたい場合は、選択肢が二つあります。

  タバコを諦めるか、諦めて歯医者へ毎月通うかです。

  いつもご飯を美味しく食べて健康でいるために、ご考慮いただけると幸いです。


 




検査へ> <治療案内へ戻る